レルcommunity開所

2015年4月10日(金)、各方面の福祉団体、官・民・学、そして墨田区の町工場の方々にもお越しいただき、参加者総勢60名を超える中で、レルcommunity開所式は盛大に行なわれました。
障がい当事者団体や機械学会、リハビリテーション工学の分野で日本を牽引して来られた重鎮の方々、内閣オリパラ推進室のほか、経済産業省や、はたまた世界的なロボットクリエイター、世界初の床降り電動車椅子を造った技術者など、普段では中々お会いできない方々にもご参加いただきました。
式の後半には、日本の住環境や生活様式から考えられた、多機能型電動車椅子レル・シリーズを参加者の皆さんにデモンストレーションで紹介すると共に、実際に乗車していただき、その小回り性能や段差乗り越え機能、乗り心地を体感してもらいました。
最後に、さいとう工房創業以来20年間の様々な人達との出会いと体験から築き上げてきた技術と志を同じくする様々な分野の方々の智慧を結集して、誰もが差別なく活き活きと輝ける先進福祉都市を築き上げるべく、次代の就労支援型電動車椅子を創造することを誓い合い、全員での記念撮影をもって開所式の結びといたしました。